高く家を売るために大切なポイントを説明します。

MENU

家を高く売りたいなら、不動産一括査定サイトを利用するのが一番です!
完全無料で1分程度の入力作業だけで利用できます。
逆に何の知識も持たず直接不動産屋に行ってしまうと、足元を見られて相手に有利な条件で進められてしまいます。
また、比べる相手がいないとその価格が適正かどうかも判断できません。
不動産一括サイトを利用すれば、

  • 価格競争が起こり、ギリギリの高額査定が提示される。
  • 悪徳企業、評判の悪い企業は排除される。
  • あなたの家の相場感や価格差が分かる。

などのメリットが得られます。
ただし、

  • 複数企業から連絡が来て面倒。

と感じる方もおられるかもしれませんので、面倒な方は査定企業を絞って利用して下さい。

家の売却に強い一括査定サイトはコレ!

私が家を売った時にイエウールのおかげで300万円も得をしました。


イエウールは下記のような大手企業を含む全国900社以上の優良不動産会社から最大6社に一括査定依頼ができます。

お客様満足度98%の実績で、特に家の売却に強いサイトです。
また、プライバシーマーク取得企業なので、安心して一括査定を任せる事ができます。
高く家を売るナビ【家を売るなら高く売りましょう】

愛着の湧いている家を少しでも高く売る方法

■不動産を売る時の不安


現在住んでいる場所から引越しをする、など事情があって売却を検討されている方もおられると思います。しかし、実際に不動産の売却をする機会というのは、一般人であれば人生で1度あれば良い方でしょう。そこで問題となってくるのは、どこに売却すればいいのかということと、相場価格よりも極端に安くで買いたたかれてしまったらという不安があることです。
私の知り合いも5000万円ほどで家を購入しているのですが、ローン地獄に耐え切れずに手放すことにしました。しかし3年経ってやっと買い手がみつかったのですが、とんでもない破格で売却することになってしまったのです。

■リスクを抑えて家を高く売る方法
それは「イエウール」を利用することです。こちらを利用すれば、全国に売却実績を持つ不動産会社に一括査定依頼をすることが出来ます。そこから査定結果や連絡のやり取りを以って信頼のおけそうな不動産会社を選ぶと言ったシステムです。そして納得出来る価格で売却する、といった形になります。
より賢く、家を少しでも高く売りたいのであればオススメです。
使い方はとても簡単で、不動産情報を入力するだけなのです。

家売却に強い「イエウール」の無料一括査定はコチラ

高く家を売る為のコツと体験談

誰しも大切な家を手放す時には高く売れた方が嬉しいと思うものではないでしょうか。わたし自身も都合によって我が家を手放したことがありますが、その際にはやはりできるだけ高く、そしてできるだけ損をしないように、という気持ちを強く持っていました。では高く家を売る為にはどのような売り方をすれば良いのかについて体験談を交えてご紹介してみましょう。
はじめに、家を売るというと不動産業者による買取をイメージされる方も多いかと思われます。わたしも不動産の売却経験がゼロでしたから、車を売る時のように不動産業者から査定でも受けて売れば良いのかなと考えていたことがあります。不動産業者に買取を頼むこともできますからあながち間違いではないとも言えますが、しかしながら高く家を売る為には買取は選択しない方が良いのです。買取の場合は安値になってしまうことが多く、売り方としては損をするものになってしまうことが殆どです。高く売る為には不動産業者による買取を選ぶのではなく、媒介をしてもらって買い手探しをした方が良いと言えます。
買取に出した場合と媒介してもらって買い手を探した場合、どの程度の価格差が付くのかと言えば買取ですと市場価格の大体6割から7割程度の価格にしかならないことが多いです。かなり安値になってしまいますし、特に不動産については金額が大きくなることがありますから相当な損をしてしまうことがあるということですよね。迂闊に買取で済ませてしまうと大変なことになりますし、わたしも高く売りたいと思っていましたので当然媒介で売る方を選択しました。ただ、買取をしてもらう時ですとスピーディーに売れるというメリットがあります。事情があってすぐにでも売りたいということもあるかもしれませんが、そういった時には買取に出してみるのも良いでしょう。
高く売る為には媒介をしてもらうことが大事なのですが、媒介契約には種類があることも知っておく必要があります。
種類としては3つあり、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約です。あまり聞き馴染みがないと少し混乱するかもしれませんが、シンプルに分けることもできます。
大別すると、一般媒介契約は何社とも契約をすることができ、それぞれの業者に買い手探しをしてもらうことができるというものです。
専任媒介契約・専属専任媒介契約は1社のみと契約を行い、契約業者だけに媒介をしてもらうというものです。
気になるのがそれぞれのメリットやデメリットかと思いますが、まず一般媒介契約ですといろいろな業者に任せることができる為に物件の存在を幅広く宣伝してもらえることです。人の目に触れるチャンスが多くなりますから買い手も見付かり易くなるかもしれませんね。でも、そう単純なものでもなかったりするのです。
実は一般媒介契約の場合、複数業者と契約をすることができますが、契約が取れた時の報酬は一社しか手に入れることはできません。つまり、不動産業者からすれば他の業者の手によって売られてしまう可能性がありますし、結果的に何も利益にならないことがありますので、販売には力を入れ難くなってしまうこともあるのです。ですから積極的に販売活動をしてくれず、いろいろな業者に任せている割に成果が出ないこともあるというわけです。
さらには沢山の業者が扱っている物件というのは売れ難い物件として見られてしまいます。その為、いろいろな業者に任せることによって物件の価値を低くしてしまうことにもなり兼ねないのです。
では専任媒介契約・専属専任媒介契約にはどういった良し悪しがあるのかと言えば、まず契約した業者に集中的に任せるかたちになりますから販売活動にも力を入れてもらえることです。売れば利益になるわけですので一般媒介契約よりも必死に売ろうとしてくれます。その為、一般媒介契約よりも売れ易くなる可能性も高かったりするのです。
販売状況を知らせてもらえるのもメリットです。依頼する側としてはどんな進捗具合になっているのか気になるものですが、業者側は報告を義務付けられていますので、定期的に現状を教えてもらうことができます。
デメリットは依頼する業者を誤ってしまうと売れ難くなることですね。不動産業者によって能力は違っていますから、頼る業者によっては思うように売れない可能性もあるのです。ですからよく吟味してから頼むところを選ぶようにしましょう。
大まかな違いとしては以上なのですが、わたしの場合は専任媒介契約でお願いしました。やはり販売活動をしてもらえないのは困りますので、一般媒介契約を利用する意義はあまり感じませんでしたね。
専任で依頼するからには業者選びが重要でしたので何社にも相談してみましたし、お陰で良い業者に巡り合うことができました。販売力もある業者でしたから半年も経たずに売ることができ、金額的にも十分に満足しています。恐らく専任媒介契約以上で頼む方が多いかと思われますが、業者次第で結果が違ってきますから、よく選んでから依頼されることをお勧めします。

お役立ちサイト


マンション売却ってどうすれば良い?マンション売却で損しない為のサイト
不動産一括査定サイト3社を比較してランキング形式で紹介しているサイト様です。

更新履歴